概要・沿革

名称
一般社団法人 日本加工食品卸協会
本部
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町2-3-4江戸ビル4階 (所在地略図)
TEL:03-3241-6568 FAX:03-3241-1469
事業目的
加工食品流通の近代化・効率化に関する調査研究、加工食品卸売業の構造改善の促進、加工食品に関する知識の普及啓発等を行うことにより、加工食品流通の近代化と経営の合理化を図り、もって加工食品の安定供給と国民生活の向上に資することを目的とする。
(定款第3条)
事業内容
(1)加工食品流通の近代化・効率化に関する調査研究及びその成果の普及
(2)加工食品卸売業の構造改善に関する事業の実施及び指導
(3)加工食品に関する知識の普及啓発及び業界の課題に関する見解の提示
(4)加工食品卸売業の経営者及び従業員の教育研修
(5)その他協会の目的を達成するために必要な事業
(定款第4条)

沿革
1905年(明治38年)「大日本缶詰業連合会」設立
1922年(大正11年)「缶詰普及協会」設立
1927年(昭和2年)「社団法人 日本缶詰協会」設立
(現在の「日本缶詰びん詰レトルト食品協会」)
1966年(昭和41年)日本缶詰協会の内販部会342社が結集分離し、「全国缶詰問屋協会」が発足
1977年(昭和52年)「日本加工食品卸協会」設立
1993年(平成5年)農林水産省主管の社団法人化
2012年(平成24年)「一般社団法人日本加工食品卸協会」に組織変更
代表理事
会 長  國分  晃(国分グループ本社株式会社 代表取締役 社長執行役員)
副会長  佐々木淳一(株式会社日本アクセス 代表取締役社長 社長執行役員)
副会長  岡本  均(伊藤忠食品株式会社 代表取締役社長 社長執行役員)
副会長  京谷  裕(三菱食品株式会社 代表取締役 社長執行役員)
加盟会員
正会員96社
事業所会員99社
賛助会員128社
団体賛助会員3団体